形見の着物をどうしよう。処分できないしリメイクもできないなら売るか寄付がおすすめ。

形見の着物をどうしよう。処分できないしリメイクもできないなら売るか寄付がおすすめ。

 

思い出の詰まった形見の着物は、捨てるなどの方法で簡単に処分できないものです。
そのため、後悔しないためにも様々な処分方法を把握して、自分が納得できる方法で処分しましょう。
大事な着物は、気軽に着用できる洋服や小物類などにリメイクすれば、長く手元に置いておけます。
もしも裁縫が得意であれば、自分でリメイクすることも可能ですが、高価であったり自分で裁縫を行うのが苦手な場合は、プロのリメイク業者に依頼する方法もあります。
また、周りに着物を欲しがっている人がいれば、譲ったり寄付するのも1つの方法です。
大事に使ってもらえるとわかっていれば、気軽に処分できるというメリットがあります。
リメイクや寄付が難しい場合、リサイクルショップや不用品買取サービスを利用して売るという方法も考えてみましょう。
中には着物を専門とするリサイクルショップもあるので、もしもきちんと査定してもらいたい場合は、なるべく専門業者に依頼するのがおすすめです。
身近に専門業者が見つからない場合は、郵送での買い取りを行っているところか、全国展開している身近なリサイクルショップでも構いません。
不用品買取サービスも同様で、着物を適切な価格で買い取ってもらえます。
高価な着物ほど高値がつき、もしも価値がない品物でも、処分費用をかけずに着物を処分することができます。
売却する場合は、複数の業者に査定に出し、なるべく高値で買い取ってくれる業者を選べば効率的です。